胡蝶蘭について

胡蝶蘭 スタンド花 バラ 花束 開店祝い 移転祝い 開業祝い ミディ 大輪 値段 送料無料 5本立 3本立 2本立 蘭 コチョウラン 育て方 花が終わったら 胡蝶蘭専門の温室で生産販売【海老名洋蘭園 公式ショップ】

カートに商品がありません。

現在の中身:0点

  • 会員登録
  • 12時までのご注文で翌日お届け
  • 胡蝶蘭専門 海老名洋蘭園 楽天市場店
  • スタンド花専門 海老名洋蘭園 楽天市場店
  • 海老名洋蘭園 Yahoo!ショッピング店

CALENDAR

2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
配送指定不可日
休業日

2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
配送指定不可日
休業日


 
胡蝶蘭Q&A
 
 
胡蝶蘭に関するQ&A


Q・どの色を選べばいいかわからない!

A・用途によって様々ですが、一般的には白の3本立てが一般的です。
特にお供え用や開業祝い、開店祝いなどには白が最も人気です。
ただどの色もどのような用途にもお使いいただいております。
ピンクや白赤、黄色などもお供えに使えますし、開店祝いではお店のイメージカラーに合わせてお選びいただいている方も多いです。



Q・どのサイズを選べばいいかわからない!

A・ご予算にあわせてお選びください。
目安として開業祝い、開店祝い、退職祝いでは8号鉢が最も人気です。
お誕生日プレゼントやお供えでは6号鉢が人気となっております。



Q・胡蝶蘭ってどんな花?

A・胡蝶蘭の原産地はタイ、インドネシアなど。
日本の草花と同じように身近な花として好まれています。
もともとはジャングルの山の中など大きな木の枝などに根を張らせて生きている着生ランです。



Q・着生ランって?

A・土に根を下ろさず、木の枝などに根を下ろす植物を着生植物といい、
着生ランは着生植物のランのことを指します。
空気中の湿気を吸って生きているので、土の中は苦手です。
着生ランには美しい花を咲かせる種類が多いのも特徴です。



Q・土が苦手なのに鉢植えで大丈夫なの?

A・確かに鉢植えなのですが、鉢の中に土は入っていません。
海老名洋蘭園では出来るだけ胡蝶蘭の生育環境に近いよう、通気性の良いミズゴケと素焼き鉢で育てています。
販売するときも素焼きの鉢を使用しておりますので、お花が長持ちすると好評です。

元気な胡蝶蘭は空気中の水分を吸おうとし、このように根を外に出してきます。



Q・長持ちするって、どれくらい?

A・1〜2カ月は咲いています。管理がよければ3カ月咲くこともあります。
これは花の中でもトップクラスです。ギフトにはもってこいですね。



Q・長持ちさせる秘訣は?

A・季節によって変わってきます。
春:10日に1回、水で薄めた肥料をしっかりと与えてください。
夏:週に1回、水で薄めた肥料をしっかりと与えてください。
秋:10日に1回、水で薄めた肥料をしっかりと与えてください。
冬:2週間〜月に1回、水のみを与えてください。量は他の季節の半分で結構です
基本的に胡蝶蘭は空気中の湿気だけでも十分に生きていけます。
特に1〜2月は水を控えてください。



Q・花が落ちちゃったらもうダメ?


A・いいえ、2番花、3番花を咲かせることもできます。つまり何年も育てることができるのです。
花が落ちたら針金を外し、花芽を根元から30センチくらいのところで切ってください。
新しい花芽が出てきます。 秘訣は温度の下がりにくいところに置いてあげること。
冬の間は玄関よりリビングのほうが適しています。部屋の電気だけでも十分に育つので、無理して日光に当てなくても大丈夫です。
熱帯の植物なので、とにかく寒さが苦手です。温かくしてあげてください。



Q・胡蝶蘭の花言葉は?

A・いろいろあるみたいですね。色によってもあるみたいです。
「幸福が飛んでくる」
「変わらぬ愛」
「清純(白)」
「あなたを愛します(ピンク)」
「華やかさ」
「厳粛な美しさ」
どの花言葉も胡蝶蘭にぴったりですね。



Q・誕生花が胡蝶蘭の日は?

A・これも諸説ありますね。誕生花の定義はまちまちだそうです。調べてみたところ、
1月6日
1月15日
1月17日
12月18日
12月26日
などの日の誕生花が胡蝶蘭だそうです。
この日が誕生日の方には一言添えてあげると喜ばれると思います。



Q・胡蝶蘭っていう名前の由来は?

A・花が蝶が舞っているように見えるので、この名前が付いたようです。
確かにチョウチョが連なって舞っているように見えますね。
英名のファレノプシスは「蛾のような」という意味だそうです。



Q・胡蝶蘭を見てみたい!

A・ぜひ一度海老名洋蘭園へお越しください。
東名高速、海老名ICから5分ほどです。
電車だと相鉄、小田急、JRが通っている海老名駅からバスで5分ほどです。
たくさんの胡蝶蘭がお出迎えします。圧巻ですよ。
海老名市も駅前の賑やかさから少し歩くと田園風景が並ぶ、とても素敵な街です。
遊びに来てください。